仮想世界を撮る①

こんにちは、葵です。埼玉県内のカフェで開催されたセカンドライフの写真展『仮想世界を撮る』が昨日無事に終了となりました。企画や設営等の準備をして下さった胡坐屋様、カフェ亜露麻のスタッフの皆様、本当にありがとうございました!また、たくさんの方が現地に足を運ばれたという事で、私のスクリーンショットが少しでも皆様の心に残っていましたら幸いです。私の作品は2階の会場内に入ってすぐのところに展示して下さっていて、ツイッターを見ていてとても驚きました。

今日から数日かけて、1枚ずつ印刷前の状態のものをFlickrで公開していこうと思っています。カフェの方に設営していただいた順番そのままが奇跡的に撮り終えた順でもあったので、その順番で公開する予定です。提出したものは全て今と違いFirestormで撮影していた頃のものなので、まだひと月ほどしか経っていない今見ても懐かしさを感じます。

ngbb

[ Large size ]

←Nagi Bluebird 葵→

なぎびーは、ニュービーの頃に出会っているCinoeのaoさんに次いで長いお付き合いをしていただいているフレンドさんです。初めて出会ったのは私がSL歴1年経つか経たないかの時期だったのですが、親しくなったのはそれから半年以上経ってからの事でした。もうすぐやってくるRezDayでSL年齢が10歳になるなぎびーは、様々な人間関係の中で生きてきた事もあって物事を客観的に見る事が出来るため、良くも悪くも正直で暴走しがちな私のストッパー役であり、上手く生きていくためのアドバイスをくれる貴重な存在でもあります。私が用件を伝える前に察して「いいよ」と言ってくれたので、一緒に撮影できる事になりました。

そんななぎびーはVango.さんの髪とW-ZEROさんのお着物にBLANKLINEさんの下駄で、私はSilvery Kさんのお着物と1mmさんの下駄、ASO!さんの巾着を着用しています。ポーズはなぎびーがCHAT NOIRさん(首だけ調節しています)私がHAPPY DISPATCHさんのHUDを使って、日本のクリエイターさんのアイテムをたっぷり使った1枚になりました。もっと色んなポーズをと思ったのですが考え始めるとキリがなく、最終的にシンプルかつ楽しそうなシーンになるように努力したつもりです。

ロケ地は「絶対にここがいい!」と最初から決めていたKyoto SIM。このSIMは京都を愛してやまない海外の芸子ロールプレイヤーさんが作られた場所のようで、使われている建物にはお手製のものもあるという本格的かつ美しい街並みが魅力的です。どうしても地上にポーズボールを設置したいとお願いしたところ、快くグループへの一時的な参加を許可して下さいました。

衣装の打ち合わせから撮影、その後の毎度楽しみな雑談タイムを含め長時間お付き合いいただいたなぎびーと、素敵な景観を作って公開して下さっている京都SIMの方々に心から感謝しています。懲りずにまた犠牲にモデルお願いするからね!!

 

葵(AwindstormR)

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中